教科書を書いてるのだが、ゆっくり調子よくなってきたぞ

正規を書いている。文筆ミドルです。
正規を書くなんてたいしたことない。いつもウェブライターやるから、それの超長文種類になるだけ。
ほんとうはぐっと書きたいのだけれど、書き尽くすぐらいの勢いで文筆を続けている。
これがどれぐらいの音量になるかはわからないけれど、せめてはじめ章時分36000文は書こうと思っている。
序章とラスト章は小さめになるから、あいだの音量を大きくするのだ。
そのためには、ありとあらゆる図書をあたらねばならない。
でも、かなり書いてて楽しくなってきた。見識もついてきたし。
ホームページ時代になって、形態のことがネットでわかるようになって、はたしてハピネスです。
ぜんぶ無料の噂ですけれども、それらを参考にしつつ、文筆を積み重ねる。
問題は内内です。短く仕上がるといいなあ。今日は流ちょうぞ。
最低買い入れ部数があるから、最低でも2000部は発行される。詰まり35万円は押し寄せる算定です。
だから、2ヶ月で書き上げようと思っている。1文2円の算定です。
それでもよろしい。セイフティネットです。見識になるし、今後もいかせるだろう。私の強みになるだろう。
結構味わいです。https://www.sgpph.org/kireimo-yoyaku.html