人工智の奮闘はやがてそこまで来ている

以前、韓国の有名な棋士がコンピューターと対局を何度かして1勝しかできなかったというのが大きな通信となりました。囲碁というのは、チェスや将棋よりも複雑なのでコンピューターが勝つにはちょい先のことだろう、と誰もが思っていたのでかなりの力抜けでした。それほどコンピューター、人工叡智の育成というのは早いという事が国家にバレることとなりました。
人工叡智の探索のスピードと闘争は結構激しくて、ありとあらゆる地域で毎日探索されています。有名な愛車の一気作業造りはとうに後数年でアクティベーションされそうですし、見立ての地域でも自分が見つけられない腫瘍なども発見できるようになっています。自分が使える感じになればいいなあ、と期待しています。
一方で人工叡智が活躍する余分、人生ニートとなりそうな勤めというのも数多く存在します。タクシー乗員もそうかもしれませんし、力仕事も器機が総合できるなど世界中で大きな苦痛となっているようです。http://www.siggly.co